ひまわりデンタルクリニック
 
ホーム 組織概要 ひまわり案内 お問合せ
ホーム 組織概要 ひまわり案内 お問合せ
ひまわり案内
ひまわり案内
ひまわり案内 ゆったり 安心な診療室
  道路からほんの少しの段差で入れるので、車椅子もベビーカーもラクラク♪

待合室には無料にティーサーバーを設置してありますので、治療の前後にホッと一息 一杯どうぞ!

待合室のトイレは、完全に車椅子のまま入る事は出来ませんが、車椅子の方でも使いやすいようにしました.

診療室へは靴のままお上がり下さい.
もちろん車椅子もベビーカーも
そのまま診療台の真横まで入れます.

簡単に見える靴の脱ぎ履きも、患者様によっては非常に大変な事です.
介護現場や訪問診療での経験から、当院はあえて“靴のまま”にこだわりました.

ベビーサークルを診療台近くに設置。
ママの診療風景を間近に見ながら、お子様は安心・安全にサークル内で遊んでお待ちいただけます。
(お気に入りのオモチャをお持ち頂くと良いですね)
ひまわり案内 2つのユニットがあります!
 

1)入り口すぐのユニット

車椅子で通院して頂く患者様や、 初診の患者様のカウンセリング、衛生士による予防歯科などで使用しています。

車椅子を横付け・斜め付けしやすいように広いスペースを設け、ユニット(診療台)への乗り降りしやすいようにしました.

こちらのユニットには口腔内CCDカメラが付いており、初診時の口腔内の状態を撮影し、随時視覚的にご説明させていただいております.

2)奥側のユニット

虫歯治療・根の治療・歯周病治療などで使っています.
こちらのユニットには最新のライカ社のマイクロスコープM320(歯科用顕微鏡)が設置されています。

マイクロスコープにはカメラが内蔵され、マイクロスコープでの治療内容を必要に応じて録画します.
この動画・静止画で患者様に説明する事で、ご自身がどのような治療を受けているかその都度理解していただいています.
 

どんなにりっぱな被せものを作っても、土台となる根の治療がイマイチでは意味がないと考えて精一杯取り組んでおります。

ひまわり案内 早くて被爆量の少ないレントゲン撮影
 

レントゲンは2種類.
主に初診時に撮影する“パノラマX線写真” と 
歯などの詳細を確認するための“デンタル写真”があります.

当院ではデジタルX線システムを導入しており、従来の撮影方法に比較し、1/6〜1/10の少ない線量でのX線撮影が可能となっています.
撮影画像はすぐにユニット付属のモニターに表示されます.
 

ひまわり案内 こだわりの診療スタイル
 

1)ラバーダムの使用

ほとんどの虫歯治療や根の治療でラバーダムというゴムのマスクをかけて行っています.
治療する歯が唾液中の細菌で汚染されないようにするとともに、器具の誤嚥を予防しています.
ラバーダムがかからない場合でもいろいろな補助器具を使って唾液による汚染がないように注意して治療を進めます.  

 http://www.ha-channel-88.com/jiten/rubber-dam.html



2)歯科用顕微鏡により確実で最小の治療

歯石除去や虫歯治療,根の神経の治療,かぶせ物や入れ歯の調整など、ほぼ全ての治療マイクロスコープを使用し、最小限の侵襲で最大の効果をあげられるように努めています. 

 http://www.ha-channel-88.com/jiten/microscope.html

3)個人用トレーとシリコン印象材を用いた高精度なかぶせ物の製作

当院ではかぶせ物を作る際の型採りは、可能な限り個人用トレーとシリコン印象材を使用して行います.
まず既成の金属トレーでお口の概形の型採りをして模型を起こし、その模型を使ってその患者様専用のぴったりしたトレーを作製します.
このトレーとシリコン印象材を使って型採りする事で、非常に精度の良いかぶせ物を作製しています.
適合の良いかぶせ物は、虫歯の発生や歯周病の進行を抑制するための絶対条件です.
 

http://www.ha-channel-88.com/jiten/kojinntore-.html

http://www.ha-channel-88.com/jiten/sirikonnraba-.html

4)専門家によるカスタムメイドマウスガード作製

日本スポーツ歯科医学会のテクニカルインストラクターとして、トップアスリートから学生スポーツまでサポート活動を行ってきました.
まだまだ普及していないカスタムメイドマウスガードですが、快適さや安全性はやはり従来のマウスガードとは比較になりません.

当院では学生スポーツを応援すべく
中学生・高校生 6000円 (外税)
大学・一般   8000円 (外税) 

にてカスタムメイドマウスガードの製作〜SETまでを行っています.

ひまわり案内

滅菌・消毒ものすごくこだわってます!

 

毎年感染対策に関する講習会を欠かさず受講し、気を引き締めて臨んでおります。

紙コップ・紙エプロン・手袋はもちろん、クリーニングで使用するチップなども患者様1人ごとに必ずディスポにしています.

使用するハンドピース等の器具類はオートクレーブにて完全に滅菌したものを使用しています.

また、状況に応じて口腔外バキュームを併用し、感染源の飛沫を予防するよう努めています。 

ひまわり案内

他の医療機関との積極的な連携

 

1人の歯科医師の力には限界があります。

当院では、キャパシティを超えた診療は決して行わず、専門の先生と積極的な連携を取りながら診療を進めるスタイルを取っております。

矯正歯科につきましては、矯正専門医にSTARTから完了までをしっかり管理して頂くのが望ましいと考えております。
主に雷門至近「冨永矯正歯科」のスペシャリストと二人三脚で、
成長に合わせた矯正と、その間の口腔ケアのフォローを行っています。

(冨永先生は私の2人の娘達もお願いしている、技術も人柄も素晴らしい安心して受診して頂ける先生です)


御茶ノ水にある日本大学歯学部付属歯科病院の医療連携診療所として指定されており、難度の高い親知らずの抜歯につきましては、口腔外科の熟練Dr.に直接依頼しております。

当院で対応しかねる難解な歯内療法(根の治療)につきましては、
日本大学松戸歯学部の顕微鏡歯科特診外来・辻本恭久臨床教授にお願いしております。
破折器具の迷入など、他院で匙を投げられた症例につきましても、どうぞご相談ください。

また当院は順天堂大学医学部付属病院の医療連携施設として認定を受けており、医科との緊密な連携体制も整っています。 

自費歯科技工については「Bio-tec Laboratorio Dentistico」と緊密な連携を取り、頻繁なDT立会いの下で共同作業を行い、Dr.とDTが一丸となって適合・色調・咬合・清掃性等を考慮した非常にクオリティの高い補綴物を自信を持ってご提供させて頂いております。

ひまわり案内 ゆったり 安心な診療室   ひまわり案内 2つのユニットがあります!
 
道路からほんの少しの段差で入れるので、車椅子もベビーカーもラクラク♪

待合室には無料にティーサーバーを設置してありますので、治療の前後にホッと一息 一杯どうぞ!

待合室のトイレは、完全に車椅子のまま入る事は出来ませんが、車椅子の方でも使いやすいようにしました.

診療室へは靴のままお上がり下さい.
もちろん車椅子もベビーカーも
そのまま診療台の真横まで入れます.

簡単に見える靴の脱ぎ履きも、患者様によっては非常に大変な事です.
介護現場や訪問診療での経験から、当院はあえて“靴のまま”にこだわりました.

ベビーサークルを診療台近くに設置。
ママの診療風景を間近に見ながら、お子様は安心・安全にサークル内で遊んでお待ちいただけます。
(お気に入りのオモチャをお持ち頂くと良いですね)
 

1)入り口すぐのユニット

車椅子で通院して頂く患者様や、 初診の患者様のカウンセリング、衛生士による予防歯科などで使用しています。

車椅子を横付け・斜め付けしやすいように広いスペースを設け、ユニット(診療台)への乗り降りしやすいようにしました.

こちらのユニットには口腔内CCDカメラが付いており、初診時の口腔内の状態を撮影し、随時視覚的にご説明させていただいております.

2)奥側のユニット

虫歯治療・根の治療・歯周病治療などで使っています.
こちらのユニットには最新のライカ社のマイクロスコープM320(歯科用顕微鏡)が設置されています。

マイクロスコープにはカメラが内蔵され、マイクロスコープでの治療内容を必要に応じて録画します.
この動画・静止画で患者様に説明する事で、ご自身がどのような治療を受けているかその都度理解していただいています.
 

どんなにりっぱな被せものを作っても、土台となる根の治療がイマイチでは意味がないと考えて精一杯取り組んでおります。




ひまわり案内 早くて被爆量の少ないレントゲン撮影   ひまわり案内 こだわりの診療スタイル
 

レントゲンは2種類.
主に初診時に撮影する“パノラマX線写真” と 
歯などの詳細を確認するための“デンタル写真”があります.

当院ではデジタルX線システムを導入しており、従来の撮影方法に比較し、1/6〜1/10の少ない線量でのX線撮影が可能となっています.
撮影画像はすぐにユニット付属のモニターに表示されます.
 

 

1)ラバーダムの使用

ほとんどの虫歯治療や根の治療でラバーダムというゴムのマスクをかけて行っています.
治療する歯が唾液中の細菌で汚染されないようにするとともに、器具の誤嚥を予防しています.
ラバーダムがかからない場合でもいろいろな補助器具を使って唾液による汚染がないように注意して治療を進めます.  

 http://www.ha-channel-88.com/jiten/rubber-dam.html



2)歯科用顕微鏡により確実で最小の治療

歯石除去や虫歯治療,根の神経の治療,かぶせ物や入れ歯の調整など、ほぼ全ての治療マイクロスコープを使用し、最小限の侵襲で最大の効果をあげられるように努めています. 

 http://www.ha-channel-88.com/jiten/microscope.html

3)個人用トレーとシリコン印象材を用いた高精度なかぶせ物の製作

当院ではかぶせ物を作る際の型採りは、可能な限り個人用トレーとシリコン印象材を使用して行います.
まず既成の金属トレーでお口の概形の型採りをして模型を起こし、その模型を使ってその患者様専用のぴったりしたトレーを作製します.
このトレーとシリコン印象材を使って型採りする事で、非常に精度の良いかぶせ物を作製しています.
適合の良いかぶせ物は、虫歯の発生や歯周病の進行を抑制するための絶対条件です.
 

http://www.ha-channel-88.com/jiten/kojinntore-.html

http://www.ha-channel-88.com/jiten/sirikonnraba-.html

4)専門家によるカスタムメイドマウスガード作製

日本スポーツ歯科医学会のテクニカルインストラクターとして、トップアスリートから学生スポーツまでサポート活動を行ってきました.
まだまだ普及していないカスタムメイドマウスガードですが、快適さや安全性はやはり従来のマウスガードとは比較になりません.

当院では学生スポーツを応援すべく
中学生・高校生 6000円 (外税)
大学・一般   8000円 (外税) 

にてカスタムメイドマウスガードの製作〜SETまでを行っています.




ひまわり案内

滅菌・消毒ものすごくこだわってます!

  ひまわり案内

他の医療機関との積極的な連携

 

毎年感染対策に関する講習会を欠かさず受講し、気を引き締めて臨んでおります。

紙コップ・紙エプロン・手袋はもちろん、クリーニングで使用するチップなども患者様1人ごとに必ずディスポにしています.

使用するハンドピース等の器具類はオートクレーブにて完全に滅菌したものを使用しています.

また、状況に応じて口腔外バキュームを併用し、感染源の飛沫を予防するよう努めています。 

 

1人の歯科医師の力には限界があります。

当院では、キャパシティを超えた診療は決して行わず、専門の先生と積極的な連携を取りながら診療を進めるスタイルを取っております。

矯正歯科につきましては、矯正専門医にSTARTから完了までをしっかり管理して頂くのが望ましいと考えております。
主に雷門至近「冨永矯正歯科」のスペシャリストと二人三脚で、
成長に合わせた矯正と、その間の口腔ケアのフォローを行っています。

(冨永先生は私の2人の娘達もお願いしている、技術も人柄も素晴らしい安心して受診して頂ける先生です)


御茶ノ水にある日本大学歯学部付属歯科病院の医療連携診療所として指定されており、難度の高い親知らずの抜歯につきましては、口腔外科の熟練Dr.に直接依頼しております。

当院で対応しかねる難解な歯内療法(根の治療)につきましては、
日本大学松戸歯学部の顕微鏡歯科特診外来・辻本恭久臨床教授にお願いしております。
破折器具の迷入など、他院で匙を投げられた症例につきましても、どうぞご相談ください。

また当院は順天堂大学医学部付属病院の医療連携施設として認定を受けており、医科との緊密な連携体制も整っています。 

自費歯科技工については「Bio-tec Laboratorio Dentistico」と緊密な連携を取り、頻繁なDT立会いの下で共同作業を行い、Dr.とDTが一丸となって適合・色調・咬合・清掃性等を考慮した非常にクオリティの高い補綴物を自信を持ってご提供させて頂いております。



ひまわりデンタルクリニック